動画編集のPC関連

MacbookのAirやProでは動画編集はきつい?

2021年3月11日

「Macbookのスペックでは、動画編集ってきついの?」「今使っているMacbookではスペックが足らなさ過ぎ...動画編集がきついな。」

今回はこのような疑問にお応えします。


この記事で解説する《Macbookのスペック》について理解すれば、動画編集に適したMacPCシリーズのチョイスが出来ます。

僕自身、動画編集を始めたのは2018年。始めはスマホでの動画編集→MacbookAirの最安モデル→MacbookPro16インチモデルと編集機材をグレードアップしてきました。

その間にYouTubeのチャンネル登録者数が1万人を超え、現在では中小企業のYouTubeチャンネルの運営を仕事にしています。

Macは動画編集をする時も、NetflixやYouTubeを見るなどの娯楽にも使う時も毎日使うような生活の必需品になると思うので、ぜひ最後まで解説をご覧ください。

MacbookのAirやProでは動画編集はきつい?

結論、動画編集の処理がきついかどうかはモデルによります。

2020年11月17日に発売されたApple独自開発の高性能M1チップが搭載されたMacbokのAir・Pro13インチモデルはコスパも良く動画編集に最適です。

MacbookAirの一番安価なモデルのメモリ8GBを買っても動画編集の処理が重たくならずにサクサク使えると数々のガジェットに詳しい方々がレビューしています。

僕自身も2021年10月、遅ればせながらM1搭載のMacbookのエントリーモデルを購入して、作業に使っていますが作業効率が良すぎて感動しています。

また、それ以前のモデルですとMacbookの中でも値段の張るMacbookPro16インチは動画編集に適しています。

しかし、それ以外のMacbookAir・Proはカスタマイズをしないとスペックが足りない為、動画編集にはきつい可能性が高いです。

2020年11月17日発売のMacbookAir・Pro13インチモデル以外の動画編集に欲しい性能としては大きくCPUとメモリの2つです。

  • CPU:core i5 理想はcore i7以上
  • メモリ:8GB 理想は16GB以上

CPUはPCの脳みそにあたります。処理を早いスピードでこなす事が出来るか握っています。

メモリは作業スペースにあたり、スペース(GB)が多い分だけ作業がはかどります。逆に少ないと処理が重たくなる心配があります。

画像はパソコン選びのためのCPU/メモリ/HDD/SSDの解説からの引用になります。

http://check-pc.com/30_pc_sikumi.html

ここまでの話しをまとめると、これから動画編集用にMacbookを買う人のおすすめとしては以下のMacbookAir13インチ最安モデルがコスパ抜群の為、良いです。


現状、Macbookをすでに使っていて「今のPCのままだと動画編集はきついな」と感じている人は新型に買い替えるか今のPCで粘るかの2択です。

僕自身もMacbookAirの2018年最安のモデルを買ってから2年半くらいは粘っていました。PCのスペックが低過ぎて作業する時、凄いきつかったです。

しかし、お金の事情などあってもう少し今のMacのまま頑張ろうと考える人は、僕が対処してきた方法を記事にしていますので、よかったらこちらも参考にして見てください。

編集時間は伸びますが、工夫や気配りで書き出しまで持っていけます。

>>Mac Book AirでもFinal Cut Pro xは使える!【動画編集で稼ぐ僕の経験談】

Macbook(ノートPC)とiMac(デスクトップPC)の違いは?

「ノートタイプのPCよりデスクトップPCの方が高性能なんじゃない?」
という疑問がある方もいると思います。

性能は実際のところスペックによるので関係ありません。

大きな違いは値段です。デスクトップの方が少し安い場合があります。

デスクトップPCとノートPCの同等スペックで比較すると値段が数万円下がる可能性があるという点くらいです。

あとは、付属のモニターがあって画面が大きいなど良い点もありますのでノートPCの持ち運びが出来て場所を取らないなど「iMac」と「Macbook」で迷っている人はそれぞれの良い点、悪い点を皆さんの使い方に合わせて選択すると良いと思います。

iMac(MacのデスクトップPC)にはコスパのいいApple開発のチップ搭載モデルはないの?

今はありませんが、次のモデルから搭載される予定です。

2021年3月の現時点の情報では、次期iMacはデザイン・性能共にガラッと変更されるようです。Apple独自開発チップの「M1」に改良を加えてマルチスコア倍の「M1X」というチップを搭載する予定のようです。

※2021年7月時点、高性能M1チップ搭載のコスパの良いiMacが登場しております。

こちらも参考にどうぞ!

今持っているMacbookをカスタムすれば性能は上げられる?

Macbookは2012年以前のMacbookProのメモリが増やせるといった一部のレアケースを除いて、買った後にカスタムすることがWindowsのPCのように出来ません。

Macbookは購入前にAppleストア(オンライン・実店舗)で好みのスペックにカスタムする必要があります。

まとめ:最新のMacbookならきつかった動画編集が段違いに改善

今回は動画編集に適したMacbookについて解説してきました。

以前は、動画編集用のMacbookを新品で買おうすると20万円近く掛かるような状況でしたが、今では10万円ほどでハイスペックのMacbookAirが買えるようになったのはめちゃくちゃありがたいです。

PCは仕事だけでなく、プライベートにも使えて毎日共にする相棒のような存在です。Macはサクサク動作して使いやすくデザインも良くて本当に最高です。

Macを使って動画編集をもっと頑張っていきましょう。作業になれていくほどに動画編集の仕事のおもしろさに気づいていきますよ!

それでは最後まで、ご覧いただきありがとうございました。

なおぽんブログでは動画編集やYouTube関連の記事を専門で更新していますので、ブックマークや他の記事もぜひよろしくお願いします。

人気記事BEST3

1

「動画編集でお金を稼ぎたいなー」「動画編集者になるには何をすればいいんだろう?」「周りに動画編集で稼いでいる人もいないし、不安だなー...」 今回はこのようなお悩みにお応えします。 ✔︎目次1 ①動画 ...

2

「動画編集を始めてみたいけど、何が必要なんだろう?」「自分でYouTubeチャンネルを運営する場合は何が必要?」 今回はこのような疑問にお応えします。 ✔︎目次1 動画編集に必要なもの4選1.1 その ...

3

「動画編集を学びたいけどスクールがいっぱいあるなー...。結構高額だし失敗したくない...おすすめなど教えてもらえると助かります。」 今回はこのようなお悩みにお応えします。 ✔︎目次1 まずは動画編集 ...

-動画編集のPC関連
-, , ,