動画編集のPC関連

【最新情報】final cut proの推奨PCスペックは?M1macbookとの相性など解説!

2021年6月24日

「final cut proを使うためにPCはどんなものを買えばいいんだろう?」「新しいM1チップ搭載のMacbookAirやProでの相性は?」「みんな動画編集でどんなスペックのPCを使っているんだろう?」

今回はこのようなお悩みにお応えします。

この記事で解説する《final cut proに適したPC》について理解すれば、動画編集をサクサク行うことができます。

僕自身、YouTube投稿を行いチャンネル登録者数が1万人になったことをきっかけに現在は中小企業のYouTubeチャンネルの運営やSNS広告作成を仕事にしています。

M1チップ搭載のMacbookの購入を含めて、今までにMacbookを5台使用してきました。

2021年6月末時点でのMacPCの最新情報なども交えながら、解説していきますのでぜひ最後までご覧ください。

final cut proの推奨PCスペックは?

2020年11月17日発売より前のMacbookAir・Pro13インチモデルの場合、

動画編集に欲しい性能としては大きくCPUとメモリの2つです。

(※最近のMacはIntelのCPUではなく、Apple独自開発の高性能チップを搭載している為です)
(※デスクトップのiMacも同じ)

  • CPU:core i5 理想はcore i7以上
  • メモリ:8GB 理想は16GB以上

この2つの性能が低いと処理が重たくて、動画編集が全然進まず、イライラしてしまいます。

例えば2019年に買ったMacbookAir13インチを使ってFinal Cut Proを使うとします。

特別にカスタムしていない限り


CPU:core i5
メモリ:8GB

となるので、一般的なYouTube投稿用の動画編集が

処理を待って待って頑張って、なんとか書き出しまで漕ぎ着けてみたいなレベルです。

厳しいです...。

Macの現行モデルを除くとMacboookProの中でも上位機種、もしくはカスタムをして、

Final Cut Proを使う際の理想のスペックとはなります。

これからPCを用意して動画編集をしていこうという方は、

新しい(現行)MacbookAirもしくはMacbookPro、iMacの3択です。

新しいMacはApple独自開発のM1チップを搭載しており、

サクサク動画編集が出来るような『高性能PCに全て生まれ変わりました。

動画編集のため、無理に高いお金を出して上位機種にしたり、カスタムする必要も一切ありません。

作業効率がとても、ストレスが無くなるとてもいいPCなので、ぜひ商品チェックして見てください!

final cut proとM1チップ搭載Macの相性は?

結論、Final Cut Proと新しいM1チップ搭載のMacの相性は抜群です。

実際に僕もM1チップ搭載のMacbookを使用していますが、

今まで使ってきたMacbookとは作業効率やバッテリーの持ちに雲泥の差がありました。

例えば、2019年のMacBookPro16インチCPUはintel core i9搭載(MacbookProの中でも最上位)

この上位機種と比較しても、新しいMacはスコアが上回る結果です。

ガジェット系のYouTuberさんやブロガーさんもM1チップ搭載のMacをベタ褒めです。

PCに詳しくない人はとりあえずコスパ抜群で、

持ち運びにも便利な現行のMacbookAir13インチを使うのがおすすめです。

一つ前の型から性能が格段に上がって動画編集もサクサク行えます。

今後発売される予定のMac情報

今後発売されるMacシリーズ(Apple社が発売するPC)の2021年6月末時点での情報をまとめます。

なおぽんブログでは1番おすすめしている、コスパ最強のMacbookAirの次のモデルは2022年まで発売の予定が無さそうです。

  • MacbookPro14インチ&16インチ
  • iMac32インチ

この3機種が2021年後半に発売濃厚説があります。

チップにはスコア約2倍と大きく性能がグレードアップされた、

「M1X」という名前のチップを搭載予定。

エントリーモデルのMacbookAirや24インチのiMacではなく、

より高価でハイスペックなPCに興味ある人は、発売を待った方がいいかもしれません。

この見出しの最後に、

Windowsと比較すると高価なPCになりがちですが、

MacのPCは本当に使いやすくて、毎日持っているだけで気分が最高です。

一応余談ですが、Final Cut ProはApple社が提供している動画編集ソフトでMacのみ対応です。

WindowsでFinal Cut Proは使えません。

まとめ:Final Cut Proの推奨PCはM1チップ搭載以降のもの!

今回はFinal Cut Proを使うときの推奨PCスペックについて解説してきました。

まとめると新しいMacシリーズはM1チップが搭載されており、全部推奨出来ます。

「Macbookはすでに持ってたけど、ちょっと古いやつだなー」

という方は、2〜3年経っているんだったら

投資だと思って、新しいMacを買って上げてください。

動画を見たり、スタイリッシュな見た目など毎日の気分が全然違いますし、

何よりFinal Cut Proの編集作業が効率よく出来ます。

動画編集の将来性についても、過去記事で書いていますが

時流に乗ってますので、ぜひ引き続き動画編集頑張りましょう!

なおぽんブログでは動画編集やYouTube関連の内容を専門で更新しています。

知識がバッチリ身につくと思いますので、過去記事やブックマークよろしくお願いします!

人気記事BEST3

1

「動画編集でお金を稼ぎたいなー」「動画編集者になるには何をすればいいんだろう?」「周りに動画編集で稼いでいる人もいないし、不安だなー...」 今回はこのようなお悩みにお応えします。 ✔︎目次1 ①動画 ...

2

「動画編集を始めてみたいけど、何が必要なんだろう?」「自分でYouTubeチャンネルを運営する場合は何が必要?」 今回はこのような疑問にお応えします。 ✔︎目次1 動画編集に必要なもの4選1.1 その ...

3

「動画編集を学びたいけどスクールがいっぱいあるなー...。結構高額だし失敗したくない...おすすめなど教えてもらえると助かります。」 今回はこのようなお悩みにお応えします。 ✔︎目次1 まずは動画編集 ...

-動画編集のPC関連