動画編集の仕事

動画編集の仕事はきつい?つらい?【リアルな意見】

2021年7月16日

「動画編集の仕事ってきついとかつらいのかな...」「動画編集を仕事にして、実際自分と同じようにきつい人っているのかな?どうやって解決してるんだろう?」

今回はこのようなお悩みにお応えします。

この記事で解説する《動画編集の仕事のデメリット》について理解すれば、動画編集者としてより良いイメージが湧いてモチベーションが上がります

僕自身、YouTube投稿を行いチャンネル登録者数が1万人になったことをきっかけに現在は中小企業のYouTubeチャンネルの運営やSNS広告作成を仕事にしています。

実体験をベースに最良の方法をまとめますので、ぜひ最後までご覧ください。

動画編集の仕事はきつい?つらい?【リアルな意見】

前提として性格やタイプの違いで不満に感じる点が異なるので、それぞれ分けて解説していきます。

人物A
《集中力には自信があって、大人しい性格、新しいアイデアや行動が苦手なタイプ》
  • 編集の構成が思いつかない
  • サムネ作成の背景画像をどうしようかなど悩む
  • スランプに陥ってしまう
  • 収入が安定しないと不安

要はアイデアに苦しむのがこのタイプの傾向です。

編集の構成が思いつかない

アイデアが出てこなく、つらい状況です。

自分は動画編集が向いていないんじゃないかと思うこともあります。

そういう時はひたすら他の人のYouTube動画などを見て参考になる編集を探します。

色んな気づきや発見があり、こういう編集方法もあるんだと次に動き出せます。

サムネ作成の背景画像をどうしようかなど悩む

サムネは動画の入り口。

お店で言う所の外観になるので、超大事です。

それがゆえにプレッシャーとなって、いいものを作らなきゃと焦ってしまいます。

YouTube上でキーワード検索をして、他の人がどんな感じでサムネを作成しているか参考にします。

サムネも要領は編集と同じです。

スランプに陥ってしまう

なかなか、結果が出なかったり

逆に動画の再生回数が伸びてきて、視聴者さんの期待に応えなきゃ

という状態が逆にストレスとなってきつい状態になることがあります。

そういう時は一旦、動画編集から離れてみるのがおすすめです。

旅行やゲームなど気分を転換させます。

また、ふと時間が空くとこころに余裕が生まれます。

どうして動画編集をしているのか?動画編集をしてどうなりたいのか?

など目的や軸を考えたり、紙に書き出すのもとてもいい解決策です。


収入が安定しないと不安

動画編集は案件次第のため収入が不安定なことが多くあります。

生活や貯金どうしよう...

と悩むこともあります。

そんな時は、ちゃんと決まったお金がもらえるところに就職するのもありです。

固定給が入ってくるというのは、気持ち的に楽でストレス少なく働けますよ。

転職サイトに登録して、色々な求人を見るだけでも皆さんの人生の選択肢が増えます。

ぜひ、登録だけでもしてみてください。

具体的なアクションとして「動画編集 求人」と検索すれば沢山出てきます。

この記事ではおすすめ3つを紹介します。

動画編集などIT求人に特化したサイトです参考にしてみてください。
※無料会員登録時は項目4種類ありますが、転職で大丈夫です。

>>IT求人ナビ転職サイト


こちら最大手の人気ランキング上位サイトです、参考にしてみてください。

>>dodaの求職サイトはこちら


一人で求人を探すのは不安という人は総合求人数No.1のリクルートエージェントが無料でお手伝いしてくれます。

>>リクルートエージェントのサイトはこちら

気に入った求人サイトがあればぜひ登録しておきましょう。


人物B
《頭の回転が速く、効率よくスピーディーに物事をこなせるが集中力が続かないタイプ》
  • 集中力が続かず、他ごとに気が散る
  • 細かい調整などミスが多めで、結果ストレスにつながる
  • 期限がギリギリになって焦る
  • 他に収入がいい仕事を見つけると気持ちが移る

勢いがあって作業は早いのですが、落ち着きが無かったり楽観的で細かいところをミスしがちなのがこのタイプの特徴です。

集中力が続かず、他ごとに気が散る

すぐに他のことに意識がいってしまい、作業が中断することが多々あります。

音楽を流しながら作業したり、筋トレしたりとリフレッシュして作業にすぐ復帰できると良いです。

また、このタイプの特徴としてリフレッシュしてる時に、

「フッ」と普通の人が思い付かないようなアイデアをひらめく力を持っています。


なので、リフレッシュも大切に。

ただ、リフレッシュだけで一日が終わらないようにバランス良く作業を行いましょう。

細かい調整などミスが多めで、結果ストレスにつながる

楽観的な性格がゆえに、「まあいいだろう」とおこなった行動が後で返ってくるということがあります。

イライラする事態発生です。

そうならない為にも、自分の思う2倍完璧を意識して作業を行うのは特に初期のころは大切です。

ただ、ずっと2倍意識して作業をしていると持たないです。

しかし、経験と共に何に気をつければ重大なミスにつながらないと身体や感覚で身についていくと思いますので続けていれば大丈夫かと。

期限がギリギリになって焦る

集中力が続かなかったり、後回しにしていたらいざ取り掛かったときに思いのほか作業量があったというのはありえます。

・集中力が長時間続かないので、ちょこちょこ隙間時間に進行(前倒しを意識)

・チェックリストを使って、今日はここまではやると決める(構成を考える、カットなど作業を分割)

・リフレッシュを上手く活用

など工夫して頑張りましょう!

他に収入がいい仕事を見つけると気持ちが移る

情報収集量も多いタイプがゆえに、「あっ?動画編集よりこっちの仕事の方が良くない?」

と気持ちがブレてしまう瞬間が結構あります。

何をしていても《隣の芝生は青く見える》というのが人間誰でも起こる心境です。

もちろん、動画編集が向いていなくてつまらない。ストレスが多過ぎる。

といった人は他に移ることが得策です。

ただ、何事も継続することでステップアップしていけるのも事実。

気持ちがフラフラしないようにする為に、目標や夢や軸を持つことが大事です。

例えば

・将来がチームを作って会社設立!

・フリーランスとして月50万以上稼ぐ!

・有名YouTuberの編集担当になる!

などそれに向かって、今を頑張るというのが大事です。

動画編集の仕事はきついし、つらい瞬間はあるけど続ける価値あり!

今回は動画編集のデメリットを軸に解説してきました。

逆に在宅ワークや自分のペースで仕事を進められる。

時流に乗っているので将来性もあるといった魅力的なメリットが動画編集の仕事にはあります。


何をやっていても、きつい、つらい瞬間はありますが乗り越える工夫をして楽しくやってきましょう!

なおぽんブログでは動画編集やYouTube関連のネタを専門に記事を更新しています。

知識強化のためにぜひ他の記事などもお役立てください。


最後までご覧いただきありがとうございました。

人気記事BEST3

1

「動画編集でお金を稼ぎたいなー」「動画編集者になるには何をすればいいんだろう?」「周りに動画編集で稼いでいる人もいないし、不安だなー...」 今回はこのようなお悩みにお応えします。 ✔︎目次1 ①動画 ...

2

「動画編集を始めてみたいけど、何が必要なんだろう?」「自分でYouTubeチャンネルを運営する場合は何が必要?」 今回はこのような疑問にお応えします。 ✔︎目次1 動画編集に必要なもの4選1.1 その ...

3

「動画編集を学びたいけどスクールがいっぱいあるなー...。結構高額だし失敗したくない...おすすめなど教えてもらえると助かります。」 今回はこのようなお悩みにお応えします。 ✔︎目次1 まずは動画編集 ...

-動画編集の仕事